2014年04月03日

お星様になりました。

きのうから容態がますます悪くなりとうとう自分の力では


立つことができなくなりました。


病院に連れていって診察台に乗せたとたんケイレンと同時におもらし


こんな姿みるのは初めてで驚きました。


と同時にそろそろお別れの日が近づいてるのを感じました。


1_P1230180.JPG


家に帰って来ても目を見開いたまままったく動かず


2_P1230181.JPG


3_P1230179.JPG


朝から何度も寝返りはさせるも目を閉じることなく見開いたまま



このままの状態でおもらし


冷たかろうとおもい敷物とベットを取替え寝床まで連れていって


明日の朝も生きててねと願いながら寝かせるも夜中に時どきみると


やっぱり目を見開いたまま寝ていないみたい


朝までがんばれ〜と願い寝るもパパも私もなかなか寝付けない


朝方4時ごろ恐る恐る電気を付けて見た時までは脚も動いて生きていたので


安心して起きた私


パパはいつも起きてくる時間までチロを看取って最期に声をあげて


とうとう死んでしまいました。


私は最後のチロを看取れなくて少し後悔しましたがパパに最後にみとられ


幸せなチロでした。


死んだ時も目を閉じなくてパパが目を閉じてあげたそうです。


4_P1230185.JPG


5_P1230186.JPG


庭に咲いてる花とチロが子どもの頃からボロボロになっても大事にしてた


リスのぬいぐるみと大好きなリンゴとフードを入れてあげました。


服もきのう始めて着せた新しいのを着せたままで…


6_P1230177.JPG


あさ7時にお寺様にお経をあげて頂き旅立ちました。


7_P1230178.JPG


苦しそうな顔じゃなくていつもの寝てるときの優しい顔して


安らかに虹の橋になり旅立ちました。


2014年4月3日


朝4時50分頃に永眠    


先月15歳の誕生日をむかえたばかりでした。



先に旅立ったお友達が待ってるから仲良く遊べるといいね。



いままで楽しい想い出とたくさんの幸せをありがとう



15年間の楽しかった日々が走馬灯のように蘇ってきます。



うちの家族であってくれてありがとう



いつまでも家族の一員であったチロのことは忘れないよ




人気ブログランキングへ




捨て犬・保護犬 ブログランキングへ



lovely chiro回転.gif



jvoowCVv.jpg




タグ:お別れ
ニックネーム チロママ at 21:55| チロの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする